スポンサーサイト

乳腺症、乳腺炎、乳腺のう胞症の症状(痛み・しこり)と治療・予防
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炎症・腫瘤・のう胞・腫瘍・しこり・つまり・痛み・石灰化 乳癌・がん・思春期・乳腺肥大症など乳房に関する症状・治療とクリニック・外科・病院、専門医、女医について

  • 乳腺炎の対処法(程度の差)
  • 専門医・乳腺外科クリニックでの診断
  • 予防と対処法いろいろ
  • 乳腺症は良性の乳腺炎の変化です。
  • 乳腺炎の原因はお母さんの精神的ストレスを大きな要因です。
  • 乳腺炎の治療にゴボウシは効果的
  • 乳房になんらかの異常を感じたら、速やかに乳腺外科の外来へ
  • おっぱいマッサージで改善
  • 乳腺炎の症状は人によって様々です
  • 乳腺炎の治療はマッサージ・湿布が効果的
  • 思春期乳腺肥大症
  • 東京 大阪 北海道 札幌 千葉 神奈川 横浜 埼玉 福岡 仙台 京都 神戸 新宿 仙台 広島 新潟 名古屋 愛知 徳島 沖縄 外科 クリニック 専門医 婦人科 病院

    スポンサー広告

    乳腺炎の食事療法

    乳腺症、乳腺炎、乳腺のう胞症の症状(痛み・しこり)と治療・予防
    乳腺炎を食事によって対処(予防や症状を悪化させない)する方法。

    食べ物によっても乳腺炎になりやすくなったり悪化して膿がたまりやすくなったりする場合があります。

    これは赤ちゃんに母乳をあげているお母さんに限った事ではありません。

    もちろん食事だけでなく、個人の体質的な要素にも原因があることが多いのですが、食べ物に気を付けることは体にとって当然のごとく必要なことですので、順番に解説していきましょう。

    まず、なぜ食事がかんけいしているかとゆうと、炎症が起きる原因は、化膿しやすくなるのは、血液の中に原因があります。

    母乳は血液です。
    毛細血管から乳腺に流れることによっておっぱいに変わるのですが、食事内容によっては、その血液がドロドロしていると乳腺に詰まりやすくなり、その結果、乳腺炎を発症してしまうのです。

    この為、特に授乳中で乳房に血液と脂肪分が集まりやすい時期に、発症しやすくなるのです。

    いわゆるドロドロ血と呼ばれる状態がいけないんですよね。

    これを改善するためには食事やマッサージ、運動によって乳房内のうっ血を解消することによってすること、ようはサラサラ血にすることが大切になります。

    これは、乳腺炎に限らず、にきびの予防と同じく、高カロリーな食事や脂っこい食品は減らす、避けるようにするのが良いということですね。

    また、タマネギなどサラサラさせる成分の入った食べ物を積極的に食事に取り入れることも良いです。

    抗生物質の服用や、切開などの手術を病院で受けずに済むように、乳腺炎には食事に気を付けて予防、改善していきましょう。 炎症・腫瘤・のう胞・腫瘍・しこり・つまり・痛み・石灰化 乳癌・がん・思春期・乳腺肥大症など乳房に関する症状・治療とクリニック・外科・病院、専門医、女医について

  • 乳腺炎の対処法(程度の差)
  • 専門医・乳腺外科クリニックでの診断
  • 予防と対処法いろいろ
  • 乳腺症は良性の乳腺炎の変化です。
  • 乳腺炎の原因はお母さんの精神的ストレスを大きな要因です。
  • 乳腺炎の治療にゴボウシは効果的
  • 乳房になんらかの異常を感じたら、速やかに乳腺外科の外来へ
  • おっぱいマッサージで改善
  • 乳腺炎の症状は人によって様々です
  • 乳腺炎の治療はマッサージ・湿布が効果的
  • 思春期乳腺肥大症
  • 東京 大阪 北海道 札幌 千葉 神奈川 横浜 埼玉 福岡 仙台 京都 神戸 新宿 仙台 広島 新潟 名古屋 愛知 徳島 沖縄 外科 クリニック 専門医 婦人科 病院

    乳腺炎の症状(しこり等)と治療・対処法

    Copyright © 乳腺炎|乳腺症の症状(痛み・しこり)と治療法 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。