スポンサーサイト

乳腺症、乳腺炎、乳腺のう胞症の症状(痛み・しこり)と治療・予防
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炎症・腫瘤・のう胞・腫瘍・しこり・つまり・痛み・石灰化 乳癌・がん・思春期・乳腺肥大症など乳房に関する症状・治療とクリニック・外科・病院、専門医、女医について

  • 乳腺炎の対処法(程度の差)
  • 専門医・乳腺外科クリニックでの診断
  • 予防と対処法いろいろ
  • 乳腺症は良性の乳腺炎の変化です。
  • 乳腺炎の原因はお母さんの精神的ストレスを大きな要因です。
  • 乳腺炎の治療にゴボウシは効果的
  • 乳房になんらかの異常を感じたら、速やかに乳腺外科の外来へ
  • おっぱいマッサージで改善
  • 乳腺炎の症状は人によって様々です
  • 乳腺炎の治療はマッサージ・湿布が効果的
  • 思春期乳腺肥大症
  • 東京 大阪 北海道 札幌 千葉 神奈川 横浜 埼玉 福岡 仙台 京都 神戸 新宿 仙台 広島 新潟 名古屋 愛知 徳島 沖縄 外科 クリニック 専門医 婦人科 病院

    スポンサー広告

    乳腺症は良性

    乳腺症、乳腺炎、乳腺のう胞症の症状(痛み・しこり)と治療・予防
    良性の乳腺の症状を、一般的に乳腺症といいます。

    他にも悪性の疾患として腫瘍・腫瘤・のう胞・線維腺腫・石灰化などがあります。

    しかし、乳腺症の大部分は疾患ではなく、正常乳腺の老化もしくは、退縮過程に過ぎないという説が有力になってきました。

    このように良性の乳腺症の一般的な好発年齢は35~50歳であり、50歳以上の閉経後には急激に減少してくるのが通常で、正常乳腺の退縮性変化が35歳位からはじまることとも一致しています。

    したがって乳腺症といわれたからといってほとんどが悪性ではありませんのでさほど心配されることはありません。

    原因は今のところ、明らかになっていませんが、女性ホルモン(エストロゲン)に関連すると考えられ、発生率は全女性の約60%と言われているのであまり、「自分だけか」と心配することもないようです。

    しかしながら、閉経後の女性ではまれな病気で、食事(動物性脂肪のとりすぎなど)・遺伝性にも影響されるので、注意をした方がいいのは間違いありません。

    【症状】

    ・乳頭から分泌物(ミルク様・透明など)がある。
    ・おっぱいの表面がでこぼこしたしこりができる。
    ・おっぱに痛みを感じる。月経前に強くなり、月経が始まると軽減するケースも多い。 炎症・腫瘤・のう胞・腫瘍・しこり・つまり・痛み・石灰化 乳癌・がん・思春期・乳腺肥大症など乳房に関する症状・治療とクリニック・外科・病院、専門医、女医について

  • 乳腺炎の対処法(程度の差)
  • 専門医・乳腺外科クリニックでの診断
  • 予防と対処法いろいろ
  • 乳腺症は良性の乳腺炎の変化です。
  • 乳腺炎の原因はお母さんの精神的ストレスを大きな要因です。
  • 乳腺炎の治療にゴボウシは効果的
  • 乳房になんらかの異常を感じたら、速やかに乳腺外科の外来へ
  • おっぱいマッサージで改善
  • 乳腺炎の症状は人によって様々です
  • 乳腺炎の治療はマッサージ・湿布が効果的
  • 思春期乳腺肥大症
  • 東京 大阪 北海道 札幌 千葉 神奈川 横浜 埼玉 福岡 仙台 京都 神戸 新宿 仙台 広島 新潟 名古屋 愛知 徳島 沖縄 外科 クリニック 専門医 婦人科 病院

    乳腺炎の症状(しこり等)と治療・対処法

    Copyright © 乳腺炎|乳腺症の症状(痛み・しこり)と治療法 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。